December 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« August 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

October 20, 2007

ゴルゴンゾーラ360日熟成

Dsc00418

見た目からしてすごいでしょ。
ゴルゴンゾーラ360日熟成。
つまり一年熟成のゴルゴンゾーラ・ピカンテです。
色はマロン色に変わり、この姿だけでは、だれもゴルゴンゾーラとはわかりませんよね。

入手したのは、写真にうつっている包装紙に書かれている「グファンティ」という熟成士さんからです。
ピエモンテの北部、マッジョレ湖の湖畔にあるアローナという町で代々熟成士を生業としている筋金入りの熟成士さん。
場所的にフランスに近いこともあって、チーズへの考え方などがフランス的だなーと感じました。
熟成にこだわるのは、なんていってのフランス流。

さて、お味ですが、まさしく『珍味』です。
グファンティさんも、「一回に食べる量は2~3gぐらいで、ポート酒やラム酒をあわせるといいですよ」というアドバイス。

帰国してから、さっそく、チーズ中級クラスの皆さんに食べていただきましたが、案の定、おかわりをした方は皆無。でも、刺激味も強くなく、しっとりとした食感は、さすが熟練熟成士のなせる技。

グファンティさんの地下熟成庫には、Bittoの7年熟成とか、カステルマーニョのアルパージュものとか、パルミジャーノ・レッジャーノの10年熟成まで、数々の逸品(珍品?)が大切に育てられていました。


October 12, 2007

おいしいポルトガル料理が食べたい!

イタリアネタでもなく、チーズネタでもないですが・・・。

今日は友人たちと企画している「代々木公園チーズワインの会」のスタッフミーティングがあり、銀座のポルトガル料理のお店に行ってきました。
とある知人から、「おいしかった」って聞いたので、私がこのお店に予約を入れたのですが・・。


ポルトガル南部の名物料理であるらしい「カタプラーナ鍋」がおいしいって聞いたのですが、シーフードのものは全然魚介のおいしいだしが出ていなくって、使っているトマトも缶詰そのまんまって感じで味がない。豚肉を使ったものは市販のコンソメ使ったみたいな浅いお味。

正直かなりがっかりなお店でした。こんなん出してたら、ポルトガル人、まじ怒るぞ。
フロリダのディスニーワールドの中の日本料理のブースでケチャップ味の焼き鳥を食べたときとよく似た悲しさです。

ほかのお料理もイマイチでした。
出てきたシーフートサラダのイカの味は薄く、野菜も存在感なし。
タラとジャガイモのコロッケはタラやじゃがいものの素材の味がよくわからないかんじであっさりしすぎ、うまみなし。
ただひとつ、ポンデケージョはおいしかったですが。

日本の料理ってこんなに希薄なものだったのか・・。
私がイタリアでたらふく、おいしいものを食べてきたせい??


食をお粗末にすると国も衰えるような気がして、なんだか、勝手にですが、かなしー気持ちになってしまいました。
ポルトガル料理の看板を掲げるなら、もっと、がんばってくれい。


リベンジしたいので、おいしいポルトガル料理のお店をご存知の方は、教えてくださいませ。

October 11, 2007

イタリアから帰国しました

8月の半ばの書き込み以来、更新もせず、放置されていたこの日記。
ふとアクセス状況をチェックしてみたら、まったく更新されていない間にも、けっこうな数の方々がおとずれているという数字をみて、びっくり、それと同時に、ごめんなさいー。
「ちぇ、まだ更新されてないぜ・・・」と思いつつも見続けてくれていた方、本当にどうもありがとうございます(ペコリ)。

さて、9月上旬にチーズの試験が終わりました。
今年の試験は、昨年とは違って、とっても常識的で良い問題が多く、全般的に良問だったと思います。
しかし、結果はけっこう厳しくて、受験生のみなさんは大変でしたね・・・。
試験話は長くなるので、試験のことはまた別の機会に自分の総括も含めて、書くことにします。(絶対に!)

試験講座が終わってからは生徒さんたちと長野へチーズ旅にいったり、カルチャースクールでやっている数本のチーズセミナーの準備をしながら、イタリア旅行の準備をしておりました。
そして、9月17日に日本を発ち、10月8日まで、北イタリアから南イタリア縦断の旅をしていました。
一気にいくと、北と南の違い、よくわかります。食事が違うのは当然だけど、いろんなことが全然違うことを肌で感じました。
あるときは一人旅、あるときは10人で、あるときは2人で、という具合に、旅のスタイルもまちまちな気ままな旅。
私の関心はチーズとワインと市場の食材とレストランのメニュー(いろんなお店のメニューを読むのが大好き)、そしてそこに暮らす人々に向いているので、美術館や博物館にもほとんど行かず、食べては飲んで、お散歩して・・・。

北イタリアの山の中で作っているカステルマーニョの熟成庫に行ったり、南はナポリ近郊のモッツァレッラ工房に行き、イタリアをあちこちうろうろしていました。
旅の思い出話は、それももうたくさんあるし、これから小出しにちょこちょこ書いていきますね。

ということで、ブログ再開いたしますので、気長にお付き合いくださいませ~。


« August 2007 | Main | November 2007 »

My Photo

私が担当しているチーズ&ワイン講座 

無料ブログはココログ

ワンコ~愛犬日記