December 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« September 2006 | Main | February 2007 »

December 2006

December 24, 2006

さかぐら

Dscf3135

北海道の共働学舎のチーズ「さかぐら」。
日本酒の酵母を使い、日本酒で洗っているそうです。
マンステールに良く似た味わいで、やさしい口当たりのウオッシュチーズ。
この写真は、11月に某所でチーズ作りセミナーをやってもらったときに、共働学舎の宮嶋さんが持ってきてくださったもの。ふんわりやさしい熟成加減でおいしかった~。

December 20, 2006

なつかしの麺屋武蔵

吉祥寺での仕事が終わり、夕飯用意してないし、ちょっと軽く食べていこうかなー、と。
一人の時入れるお店ってラーメンくらいしかない。
吉祥寺の街をフラフラ歩いているとラーメン屋発見。看板を見ると、麺屋武蔵の文字が・・・。
なつかしくなって、思わず入っちゃいました。
オーダーは、昔よく食べていた「味玉つけめん」。

が、出てきた「味玉つけめん」は、私が昔よく食べていたモノとはかなり違う・・。
このお店、調べてみたら武蔵の系列店だったらしい。麺屋武蔵 虎洞という名前でした。

麺屋武蔵って、一時期、ものすごくマスコミにも取り上げられて、ものすごい行列店になってしまって、気軽に食べることができなってしまって以来、かなり長い間食べていませんでした。
麺屋武蔵はもともと青山一丁目に最初のお店ができたのだけれど、当時、近くの会社で働いていた私は、残業タイムになると、週に3、4回の勢いで通っていたのでした。

羅臼昆布とサンマの煮干のスープに太麺の組み合わせ。

最初に食べたときには、スープにちょっとくせがあって、正直おいしい、とはあんまり思わなかったのですが、
しかし、なぜかまた食べたくなる。
近いってこともあって2、3回通っているうちに、完全にはまりましたよ、スープに独特の旨みがあり、キレがあり、澄み切ったおいしさに。

通ううちに店長さんともおしゃべりするようになり、
どうしてラーメン屋になったかとか、なんでサンマの煮干を使うようになったのか、いろいろ聞いたりして楽しかった。
「へー、そんな人生もアリ、なんだな」ってすごく思った。

そのうち、あれよあれよと人気店になってしまって、新宿に2号店を出してからは、
店長は新宿に行っちゃって、そうしたら、青山店は、味が変わってきてしまって、だんだん行かなくなってしまったのだけれど。

まあ、そんなこんなで、アノ当時の武蔵は、私の青春の1ページでもあり、
お店のビールを全部飲んじゃうくらい、ラーメン食べながら語っちゃったり、
仕事仲間との憩いの場だったのでした。
ハードワークだった職場を抜け出して、一息つけるオアシスだったんです。


なんだか長くなっちゃいましたが、そんな思い出をふっと思い出しながら、吉祥寺のお店に入ったわけです。
そしたら、昔食べてたものとは、ちょっと違ったんです。
そりゃ、別のお店なんで(系列だけど)違ったものでもいいんです。
でも、だったら違う名前にしてほしかったなーー。

でも、それでもいいんです。おいしかったから。
最初に魚系のダシの味を強く感じるんですが、食べているうちに、具材に牛肉が入っているのを発見。
そうすると、牛肉の味をスープにも強く感じて、結構、砂糖がたくさん入っているようなしょうゆ味、これって、なんかに似てる・・・。
あ、すきやき。
ちょっと、すきやきの味っぽい。(私の地元のほうでは、すき焼きはお肉に砂糖を振り掛けて、しょうゆかけて煮ます)
魚介にすきやき、牛肉の脂たっぷりって感じのスープでした。これに極太麺は良く合っていました。

たぶん食欲旺盛な男子が好きそうな味。

December 19, 2006

誕生日に飲んだワイン

Photo_5

先々週のMY誕生日に飲んだワイン。
自宅にて。
「牛肉ステ-キにボルドー」にはまっているので、かなり良い和牛を買って、
友人のエツコさんからいただいたワインを合わせてみた。
しか~し・・・。
お肉がお上品すぎて、ボルドーに負けた・・。
奮発しなくってよかったのかも。
エツコさんからのワインは、とってもよい状態で、おいしくいただきました。
ボルドー3級 シャトー・ラ・ラギューヌです♪


December 18, 2006

絶品♪ パルミジャーノのリゾット

お祝いごとがあり、恵比寿のイル・ボッカローネへ。
このお店、90年代には大人気で、イタリアンブームのはしり、みたいなお店だったのですが、
私は今回が初来店。
夜しかやっていないお店なので、気軽にランチって感じじゃなく、なかなか行けなかったのでした。

このお店で人気なのが、パルメザンのリゾット。
半分にカットしたパルミジャーノに、リゾットを入れてサービスしてくれます。

Photo_6

このサービススタイル、ホント、食欲をそそって楽しいですね。

なかなかオウチではまねできないですが、
ミモレットを使うとオウチでもできて楽しいですよ。
以前、いきつけのレストランでは、貸切パーティのときには、特別にミモレットで同じようにやってもらってました(←なかなかいいアイデアでしょ オレンジ色のリゾット、きれいですよーー)

この日のワインの中で気に入ったものはこの、バルベラ・ダルバ
果実味豊かで、やさしい味。好みやわ~。

Photo_7


December 17, 2006

獺祭の酒粕せっけん

毎月参加している近所の酒屋の日本酒セミナー。
毎回蔵元さんがきてくださって、自慢のお酒を振舞ってくれるんですが、今月は私の大好きな獺祭(だっさい)。
広島に近~い山口県にある酒蔵です。
3年くらい前に、日本酒仲間と蔵見学に行ったときには、桜井社長も一緒に、社長おすすめのふぐ料理のお店にいって、獺祭とふぐのマリアージュを楽しんだのでした。(ああ、ふぐと獺祭、絶品でした・・・!!)

今回のランナップはこちら↓

磨き二割三分 純米大吟醸
磨き三割九分 純米大吟醸
純米吟醸45
純米吟醸50
にごり酒  純米吟醸
温め酒 50

Photo

このほかにも、来年の元旦用のにごりを特別に飲ませていただき感激でした(だって、ホントは元旦出荷のめでたいお酒)。

今回、一番よかったのは「磨き三割九分 純米大吟醸」。
さらりとしていて、コクがあり・・。そしてお料理とのマリアージュがとてもよいのです。
この日の料理の、アンキモの蒸したものや、鮭のハラスを焼いたもの、みたいな、ちょっと脂っけが強いものにまさにドンピシャ!!
アンキモに磨き三割九分のさらりとした旨みがよくあって、とってもとってもアンキモがおいしくいただけました♪
鮭のハラスもかなり脂がのっていたんですが、磨き三割九分と一緒に食べると、脂分がお酒でふんわりやわらかくなってとってもおいしいのです。

それから、イクラ! これはなぜかにごり酒にぴったりでした。
しゅわしゅわフレッシュなにごり酒。よくシャンパンに魚卵系が合うっていうけど、その流れを汲む組み合わせなのかしら・・・。

で、やっと本題です。
今回の一番の収穫は、じつは石鹸。

Photo_2

獺祭の酒粕で作った酒粕せっけんです。
純米吟醸の酒粕を使っているんですが、社長いわく「米つぶがそのまま入っていることもある」っていうくらい。エキスがたっぷり残った酒粕を使っているそうです。

で、3つ、お土産にいただいてきました。

で、さっそく使ってみました。

そしたら、これがとってもいいーーー!!


じつは、その数日前から私、ものすごい肌荒れに悩まされていたのです。
顔がカサカサというかガサガサ・・・。乾燥がすごくてど、どうしよーー、と悩んでいたのですが、
酒粕せっけんで洗顔したら、なんだかとってもしっとり。
一気にカサカサが治まったのです。ホントに。

まさに「救世主」でございます。
乾燥に悩まされているビンカン肌の方!
ぜひオススメです。
せっけんは獺祭のサイトから購入できます。
http://asahishuzo.ne.jp/index.html

December 08, 2006

フォンデユの会 参加者募集中で~す!!

寒くなってきましたねー。そんなときには、あったかお鍋がうれしいですねーー。
で、チーズフォンデュの会のご案内です。
毎年この時期には定例でやっているのですが、毎回大盛況なので、2回開催から、今回は3回開催にしました。

その3回目が12月10日にあります。
じつはまだまだ定員に余裕があるので、チーズフォンデュ食べたいっ!!て方、ぜひいらしてくださいませ。

12月10日 13-15時
場所は東京恵比寿のポケットワインサロン。
くわしくは、こちらをご覧くださいまし

スイス風の定番フォンデュとアレンジフォンデユの両方を味わっていただき、最後は特製のおじやでシメ!!なかなか楽しいぞー。


December 07, 2006

お風呂のときの楽しみ

私は活字が大好きで、本を読むのも好きですが、雑誌を読むのも好き。
ついつい買っちゃいます。
でも、好きなところだけ読んで、また買うもんだからどんどんたまっちゃう・・。
読んでないのに捨てるのは抵抗があり、捨てられず困っていたのですが、
どうせ最終的に捨てるなら、ぐちゃぐちゃになっても構わない、ってことに先日はたと気づき、
それらの雑記類をお風呂に入りながら読むようになりました。

カラスの行水なみだった私が、いつもまにか長風呂に・・。
お湯に浸かりながら、週刊誌系やファッション雑誌みたいな、あんまり頭を使わないでいいモノを読むとなんだかとってもリラックス。
ぶよぶよになった雑誌は心置きなく捨てられますし。お風呂タイム、楽しいです。

December 04, 2006

もう12月ですね。

最終の日記の更新をみたら、9月・・。
引越し以降、まったく更新をしていなかったのです。
なぜならば、PCがある机には整理しきれない書類が所狭しと置かれていて、仕事の資料を作成するのも大変な状況であり、ましてや日記なんて・・・という状況でありました。
それが、やっと片付き(正確にいうとまだ半分くらいでしが・・・)、なんとかゆっくり作業ができるようになったのです。祝!!!

10月11月と何をしていたかというと・・・
10月あたまには北海道十勝にチーズ農家見学に行きました。
かなり充実の見学ツアーでしたよー。夜の部(オビヒロナイト★)も楽しかったし♪
そして、たしか翌週くらいに、東京ランチグルメツアーをしました。
これは毎日、ランチを食べ歩くっていうもので、(その分夜は軽めのご飯にしましたよーー)、行ってみたかったお店に行ったりしてました。もちろん四谷の北島亭にも行きました。大好きなんだけど、いまだ夜に行ったことがありません(だって高いんだもの)。
で、10月末からポケットワインサロンの講座も始まって仕事モードに。
11月は、あれ、なにやってたんだろ。
忙しかった。
11月は毎年チーズ関連のイベントやパーティがあって、なにかとバタバタしてしまうのです。
そんな中ですが、11月のあたまに勝沼ワイナリーツアーをやりました。
ルミエールと中央葡萄酒にいきましたよー。
グレイスの伊東さん、いろいろお世話をありがとうございます。グレイス甲州、愛飲してますよ~。
また行きますね~!!

で、気づいたら12月。
そうそう。12月は、私のバースディ月。
12月8日が誕生日です♪♪♪
もう今週ですね、今週の金曜日♪♪♪
12月8日は、太平洋戦争が始まった日であったり、ジョンレノンが射殺された日でもあったり、するのですが、カトリック圏では、お祭りだったり、祝日になっていたりするんですよーー。イタリアやスペイン、アルゼンチンでは祝日なんですって、知ってました???

何の日かというと聖母マリア(キリストの母)が身ごもった受胎告知の日なんです。
で、そのお祝いをするのです。
先日参加した日仏学院のイベントでは、「フランスのリヨンの街では12月8日に聖母マリアを祝ってともしび祭りというものがある」っていうことでその映像を見せてくれました。(昔はしめやかにひっそりとやっていたそうですが、今は派手なライトアップのお祭りに豹変しています。今年も12月8日前後にあるそうです)

それから、クリスマスツリーを飾るのも正式には12月8日から1月6日までと決まっているらしいのです。
12月8日は受胎告知の日で、12月25日に生まれて(生まれるの、早いですねェ)、1月6日は、翌7日にイエスの一家がユダヤ王の幼児虐殺を恐れてエジプトに逃げたことから、その前日までツリーを飾る伝統になっているらしい。

なんだか由緒正しい感じですよね。フフフー。


で、いくつになるんだっけ・・・?最近は忘れてしまいました・・。(オイオイ)

そういえば、先日飲み会で一緒になったイケメン男子(推定年齢32歳)が「僕の年は28歳でストップしたと思って生きているんです!!!」って力説してました。
私もそんな意気込みでいきたいと思いますわ。

« September 2006 | Main | February 2007 »

My Photo

私が担当しているチーズ&ワイン講座 

無料ブログはココログ

ワンコ~愛犬日記