December 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

June 29, 2006

東京の空気

今日は一日、ウチでのんびり&お仕事。
外は30度近くあるようなので、夕方まで外には出ずに、ひめこにときたまちょっかいを入れながら家事などをしていたら、「光化学スモッグ」注意報の放送がかかりました。
いそいで窓を閉めて、エアコンをつけたところ。

「光化学スモッグ」って、空気と水のきれいなところで育った私には無縁なだったけど、東京はやっぱり空気が汚いのか・・・。(上京してからぜんそくっぽくなったのも、関係があるのかも・・・)

エアコン、掃除しておいてよかった。空気がクリーンで気持ちいいです。エアコンの下のソファーでひめこは気持ちよくお昼寝タイムで、うらやましいわ。

June 14, 2006

突然の真夏日だそうです。

ドイツだけではなく、パリも今、ものすご~く暑いらしいです。
突然の真夏日です! ってパリに住む友人がメールをくれました。
なんでも、暑くて、日射病にかかってふらふらしている人もいるとか・・・。

なんだか、梅雨のないヨーロッパの6月は、カラッとしていてとっても過ごしやすいだろうなーと思っていたので、びっくりです。]

牛さんたち、暑さでバテてないといいけど。

June 13, 2006

ドイツがそんなに暑いなんて・・

昨日のワールドカップの日本VSオーストラリア。
負けちゃいましたね。オーストラリアもそんなに上手じゃないように思ったけど、日本はさらによくなかったような・・・。
最後の最後まで、あきらめない心が大事だなーと思いました。
攻めこそ、最大の防御ですよね。

それより、びっくりしたのは、ドイツがとっても暑いこと。
日本より暑いって、いつもそうなのでしょうか・・・?
30℃以上あるなんて、夏はどうなるのだろう。
なんだか、とっても涼しいイメージだったのでびっくりです。

June 08, 2006

うなぎとワイン

声はなんとか出るようになってきたけど、まだ薬をたくさん飲んでいるので、お酒は飲めない。
最初のころは、とても飲みたくはなかったが、最近は、声に問題あるだけで、ほかは元気なので、ちょっとつづ飲みたくたってきてしまっている・・・。
でも、毎食後には薬があるので、飲めません。

今日は、幹事をやっている代々木公園チーズとワインの会の定例の幹事の打ち合わせ会。
場所は中野にある、うなぎの串焼きやさん「川二郎」にて。
ワインを持ち込んで、うなぎとワインを楽しみながらの打ち合わせってことなんだけど、今日は、私、飲めません・・・。

うなぎの串焼き、ウーロン茶で食べると、おいしくない・・・。
とっても脂っぽくって、おいしくない・・・。

ちょっと悲しかった。

June 07, 2006

食育って。

おとといTVで、「好きなものだけ食べたい」というNHKの番組を見た。
食の大切さを問う番組で、まずはある小学生の朝ごはんの写真が出てきた。
朝からお菓子を食べる子。飲み物だけの子と、いろいろ。
好きなものだけを食べる子が最近、増えているらしいとのことだった。
そんな食生活で、生活習慣病になる子供も増えているらしい。
何人かの子が、病院に入院して、食生活を改善させるという取り組みが紹介されたが、ちょっとびっくりした。
メニューは朝からごはん、お味噌汁、卵、サラダ、とボリューム満点。
栄養バランスもきっとよいのだろう。
でも、とっても残念なことに、私の目から見ても、とても「おいしそう」には見えなかった。
どっちかというと、まずそうな食事。
「私もあれじゃあ、食欲わかないなー」と思った。

当然、不摂生がたたっている子供たちは、朝からたくさんのご飯が食べられない。
みんな太っているのに、とっても少食なのだ。

で、まずそうなご飯を泣きながら食べることになるのだが、指導をする先生は、「食べないとダメ」だという。

子供たちが、朝食に慣れていないこともあって食べられない面もあると思うが、食事の教育をするならば、まずは、おいしそうな食事を提供することも大切ではないだろうか。

おいしそうな色合いやおいしい食材の組み合わせ、それに、料理を引き立てるお皿や器だって、とても重要だ。
食べる際に見た目はとっても重要なのだ。
見て、「おいしそう」と思って、食欲がわくのではないのかな。

そんなことがまったく欠如している、ただの栄養のかたまりのような食事を、「身体のために食べろ」っていうのは、なんか間違っている、と違和感を感じた。
栄養があっておいしそうな食事をなぜ用意しないのか?
そんな観点は毛頭ないのか?

病院食のような、まずそうな食事を与えて治療だとしている人たちの意識をまず、変えていくことが、とっても大切なような気がする。


June 03, 2006

だいぶよくなってきました

たいぶ、声がでるようになってきました。
といっても、低くて、がらがらした声なので、なんとも恥ずかしいというか、慣れないなのですが、昨日はそんな声で仕事もしてみました。
聞いている方々はどんな感想をもったかわかりませんが、たぶん、聞きづらかっただろうなーと思います。(ゴメンナサイ)

今日は、午後から三田の病院にいき、また診てもらいました。
鼻から内視鏡を入れるの、つらい。
今日はうまく入らなくて、さらに細い内視鏡を使ったのですが、なんども鼻の中を管が通るのは、本当につらい。
(私の鼻は筋が細いらしく、大変らしいです)
でも、そうしないと検査できなんだから、しかたない・・・。

声帯は、薬が効いたらしく、腫れはひいてきていて、手術はしなくてもよくなりそう、とのこと。
ホントによかった。
ただ、もともと声帯がデリケートな性質らしいので、気をつけないとまた悪くなることもあるらしい。
「仕事のとき以外はしばらくは極力話をしないように」との注意をもらいました。
(もし、私にあったときに、無口だったら、こういう事情なので、許してくださいね)

次回は来週の金曜日に診察です。
次回はかなりよくなっていることを祈って・・・。

その後、声の先生について、声の出し方の練習をしました。これはあと20回続きます。
もしかしたら、以前より、強くていい声が出るようになるかもしれない。

« May 2006 | Main | July 2006 »

My Photo

私が担当しているチーズ&ワイン講座 

無料ブログはココログ

ワンコ~愛犬日記