December 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

May 31, 2006

病院が変わりました。

新宿の耳鼻咽喉科に通って、早一週間以上。午前中に院長先生に診てもらったのですが、治りがよくないっていうことで、新たな病院を紹介してもらうことになりました。
院長先生いわく、「声の専門家、声博士の先生です」とのこと。
明日の午前に行くように、と案内されたのですが、その病院の受付時間を見たら、午後にも受付をしていたので、ためしに電話をしてみました。
そしたら、すんなり、診てもらえることに。
一日でも早くなんとかしなければならない私にとって、とてもありがたいことでした。

昼ごはんを食べて薬を飲んで、赤羽橋にあるその病院へ。
病院の名前は「国際医療福祉大学付属三田病院」。
そこの渡邊雄介先生が声の専門家です。

時間があったのと初診だったので予約時間よりかなり早めに行ったのですが、先生の診察の前に、声の専門家の方による、声のテストがありました。
実際に、今の時点でどれだけ声がでるのか、どんな声がでるのかを録音して記録に残しておくのだそうです。
これまで、「声は出さないように」と言われていたので、話すときもささやき声で話していたのですが、それは喉にとって、とてもよくないそう。一生懸命、声を出してみたら、低い声が出ました。
かすれるけどなんとか出ます。
症状によるけど、「まったく声を出さないのもよくない場合がある」ということらしい。

さて、このあと、診察が始まりました。
毎度のことですが、声帯を診るために、本来は口から内視鏡を入れるのですけど、どうしても私は口から入りません。咳がまだ出続けていることもあって、なんだかとても無理・・・。
で、今回も鼻から内視鏡を入れることになりました。
(これも苦しいんですよね・・。今回、初めて知ったけど、鼻に軽く麻酔をしてからやるらしいです)

この病院では、内視鏡での映像をいったん録画して、実際に見ながら声帯の様子を説明してくれました。
右の声帯に白い腫れのようなものがあります。さらに左にもできものみたいなものが・・・。
ポリープまでは行っていないそうですが、腫れが固まってしまうと、削る(・・・)必要があるとか。
とにかく、手術しないで治るように、がんばるしかないです。
あさってから仕事に復帰したい旨を伝えると、点滴を打つことになりました。
「歌手みたいですね~」って先生は言われたのですが、
本当に歌手だったら、今の私とは比べものにならないくらい大変なことになっているなーーとか考えちゃいました。
私は、きれいでなくてもなんとか声がでれば仕事復帰できるけど、歌手はそんな声じゃ無理だもんね。

今の症状にあわせた声の出し方も知らないといけない、ということで、言語のリハビリの先生にもお世話になりました。
声帯に負担のないような声を出すようにいわれるのですが、とても低い声で自由に話せず、ちょっと苦しい。
ささやき声が、この一週間で癖になってしまったいるようで、それを治さないと悪化するかも、とのことでした。

今日一日、またもや病院通いで終わってしまったけど、よりよい先生と治療・環境に出会うことができて、とてもよかった。
少し、希望の光が見えてきました。

May 30, 2006

あいかわらず・・・。

声がでなくなって今日で丸一週間。
先週の火曜日から、今日まで、まったく声がでないのだ・・。

声が出ないっていうのは、いろんな意味で大変です。
自分の要望が伝えられないのは少しイライラします。

でも、仕方ない。

今日、仕事用にマイクを購入しました。
少しでも声がでるようになれば、マイクでなんとか対応できるはず。
明日は院長先生にまた診てもらうので、最終的に今後のことは明日、判断しようと思っています。

20060530_1

それから、最近、はまっているのは、玄米のおかゆ。
新宿にあるおかゆ専門店のものなんですが、無添加で自然なおいしさで、体が弱っている「今」にはぴったりなのです。
これに卵を入れたり野菜を入れたり、お肉を入れたりしてアレンジしています。

May 27, 2006

お見舞いのチーズケーキ

20060527

声がでなくて、咳ばかりでる私にお見舞いのチーズケーキをいただきました。
北海道・函館のケーキ屋さんが作っているらしいチーズケーキです。
「半熟オムレツのようなスフレタイプのチーズケーキ」がキャッチコピーの

パティスリー スナッフルスのチーズオムレット
これがとろけるようにおいしいのです。


原材料を見ると、
クリームチーズ、グラニュー糖、純穀物卵、無均質無添加無調整牛乳、発酵バター、貴腐ワイン、小麦粉
との記載。

ひやー、なんだかとっても材料にこだわっていますねえ。
増粘剤などの添加物が入っていないのがいいですね。
おいしくっても、添加物たっぷりのデザートはあとで胸焼けがするのです・・・。

ところで、純穀物卵っていうのは、穀物だけを与えた鶏の卵ってこと?
無均質無添加無調整牛乳ってのは、ホモゲナイズしていない、そのまんまのミルクってこと?
パッケージを見たら、牛乳は低温殺菌のノンホモって書いてありました。とにかく搾ったままの自然な牛乳に近い状態で使いたいのだ、って意気込みが伝わります。(ただ、焼くときは何度で焼いているんだろう・・・)
それに貴腐ワインまで使っているなんて、なんだかすごい。

フレッシュな感じのクリームチーズの味もしっかりとしていて、ふわっとした口どけがとってもおいしくって、体にも優しい味なので、このチーズケーキはオススメです!

さて、声の調子ですが、まだまだ出ません。
今日は院長先生に診てもらいました。
鼻から内視鏡を入れて(これが、結構苦しいんです・・・)声帯を見たところ、左の声帯(声帯は2つあるそうです)が縦に腫れているらしい。
「これでは声はでませんね」と言われました。
でも、だんだん腫れはひいて来ているそうなので、先生のお見立てだと、あと3日くらいすれば少しは声もでるんじゃないか、ってことでした。

あと3日って! まだ3日もかかるの!!
今日で、声がでなくなって5日なので、1週間以上も声がでない、ってことなんですね。
順調に行けば来週半ばには声もでるようになる。っていうか、そうならないと、マジで困ります・・・。

そんなこと考えたくないので、とにかく、免疫力UPのために、夕食は、玄米おかゆに、ニラとネギとにんにくのすり下ろしとしょうがとトマトとコマ切りの豚肉を加えて食べました。
「充実野菜」も一日一本飲んでます。

とにかく、気力と栄養とお薬でがんばって治すしかないですね!!!

May 25, 2006

声が出なくなって3日目

火曜日から声がまったく出なくなって三日目。すぐ治ると思っていたのに、そうでないことがわかって愕然としています。多くの方に迷惑をかけて、自分の自己管理の甘さを心底反省しました。
ある人が「自分を見つめなおすいい機会だよ」とメールをくれて、まったくその通りだな、と思いました。
しゃべることができないと、自分が連絡をとることができるのはメールかFAXしかなくって、メールがあってホントによかったな、と思います。

シビアなメールをくれた人もいました。
当然です。もっともです。

もっと自分の行動には責任を持たないといけません。思いつきで行動してはいけないですね。

本当にいろんなことを考えるキッカケになりました。

治ったら、もっともっと責任の持てる人間になりたいと思います。

May 23, 2006

声が出ない

ついに喉頭炎が悪化してしまいました。
今朝から声が出ない・・・。

病院にいき、吸入をして、点滴を打って、薬を飲んで、なんとかして夜の仕事に行きたいと思っていたけど、とてもそんな状況じゃないということがわかり、愕然としました。
さらに、明日もムリそう。なくなく、キャンセルすることになりました。

いつもの薬を飲んでもちっとも良くならず、おかしいな、とは思っていたのですが、
もっと軽症のときに、一回休んできちんと治療するべきだったのかもしれません。
深く反省をしています。
迷惑をかけてしまった方々、本当に申し訳ありません。

May 21, 2006

フランスチーズ旅行の同窓会

昨日は、3月に行ったフランスチーズツアーの参加者の同窓会をやりました。
1週間も一緒に濃密な時間をすごしたメンバーなので、2ヶ月ぶりの再会でしたが、時間が2ヶ月前に戻ったよう。
とっても楽しかった♪♪♪

まるで旅行中に何度もみんなで一緒にとった夕食と錯覚しそうで、

「食事が終わったら、みなさん、よく休んでくださいね。明日は朝食は8時から。午前中にライオールの見学です」

ってうっかり案内しそうになりました・・。

ただ、まだゲホゲホ咳が出るのがちょっとつらい。
飲み会も十分に楽しめなくって、ツライ。ホントに早く治したいよ・・。

May 18, 2006

体調、わるし

ここのところ、かなり調子が悪い。
先週、ダンナが風邪をひいて、それが、移ってしまった模様。
風邪をひくと持病(?)のぜんそくが出てしまうので、気管支あたりがとても悪く、咳が出る。

今日も仕事中に咳き込みそうになってしまい、思わずこらえたら、今度は喉が詰まってしまい、慌てました。
早く治さねば。

May 14, 2006

残念な雨

昨日は、月イチ定例の『代々木公園チーズとワインの会』。
10年前から友人たちと企画している、アウトドアワイン会です。

5月はいつもお天気もよく、初夏の風が気持ちよく、公園で飲むには絶好の季節なのですが、あいにく昨日は雨。それもものすごく寒い・・・。
テントをたてた中で、雨中、集まってくれた50名くらいの人たちとくっつきあって飲むのは、それは別の意味で楽しいのではあるけど、とにかく寒かった。
風邪をひきそうだったので、片付けは免除してもらって早めに帰ってきました。

来月は晴れるといいんだけど。
気持ちいい公園で飲むワイン、最高なんだけどなあ。

May 11, 2006

ぴーちゃん

P1010276_1

去年の春に長野の清水牧場に行ったときにいた羊のぴーちゃん。
あまりにかわいいので、事務所に貼ってあった写真をパチリ。
今年のGWにいったときには、どの子がぴーちゃんかわからないくらい大人になっていた模様。

May 08, 2006

羊乳プリン

Cid_a0001_1

吉祥寺の「ひつじぐも」っていうジンギスカン屋さんにある『羊乳プリン』。
かなり濃厚なミルクプリンです。
羊乳オンリーではなく、生クリームもたくさん入っているみたいだけど、おいしいです。

以前、訪れたコルシカ島で飲んだ羊乳。
牛乳に生クリームを入れたみたいに濃厚で、こってりしていて、ゴクゴク飲むというよりは、一口を味わって飲むような乳だった。吉祥寺で羊乳プリンを食べながら、コルシカでの思い出にちょっとだけ浸りました。

May 06, 2006

くろひつじ

ジンギスカン大好きなので、ジンギスカンのお店があると行きたくなります。
先日、吉祥寺の『ひつじぐも』に行ってみました。
JR北海道のプロデュースとのこと。
肉はNZ産と北海道産の2種類があり、とくに北海道産のものは、一ヶ月で5頭しか仕入れられない貴重なものらしい。とっても上品で、臭みがなく、淡白な味わいの羊肉。
日本酒にたとえると、大吟醸って感じですね。ジンギスカンが苦手な人にはよいのではないかな?
でも、私は大吟醸より純米酒派なので、ちょっと肉の味が物足りなかった。

やっぱりジンギスカンは中目黒の「くろひつじ」が好きだ!と思い出し、昨日、行ってきました。
生後2年くらいのマトンを使っているのが特徴。でもちっともいやな臭みとか硬さはない。成熟しているだけあって、肉の甘みとうまみがあるのだ。
「ここの羊肉、おいしーい」と二人で、お肉6人分食べちゃいました・・。
お肉食べたいから、ライスとビールはやめときました。
純粋に羊肉を食べた日でした。

ところで、くろひつじってメニューがジンギスカンとライスとキムチと冷やしトマトとソフトクリームしかない。
ジンギスカンもある居酒屋風がたくさんある中、とってもシンプルであります。
昨日、初めてソフトクリ-ムを食べて、全メニュー制覇しました。
で、ソフトクリームがとってもおいしかった。ちょっと濃厚でふわふわしていない、しっかりソフトです。

May 05, 2006

グリュイエール&マンゴーが美味でした!

おとといの二日酔いからの病み上がりにもかかわらず、また飲みにいってきました。
(最近なかなか夜、時間がとれないので、GWはここぞとばかり遊んでいます・・・)

とはいっても、お酒は飲みたくない気分だったので、まったく飲みませんでしたけど・・・(トホホ。

お店は、友人オススメの恵比寿の「リトル・バンコック」っていうタイ&ベトナム料理店。
とっても小さいお店で10名くらいしか入れなさそう。
お通しで「手羽先の香味揚」が出てきたのにはビックリ。スパイシーでおいしかった。
あとは、ベトナム風生春巻きとか、パッタイ(タイ屋台焼きそば)とか、ソフトシェルクラブとか、トムヤンクンとか、たくさーん注文して食べました~。
どれもおいしかった。
辛いんだけど、でもウマイ。辛ウマって感じ!?
最近、辛いのが平気になってきて、タイ料理がおいしいー。
ランチもあるらしいので、ランチに行ってみたいなーー。

ただ、悲しかったのが、パクチー(香菜)が使われていなかったこと。
私、無類のパクチー好きなので、パクチーの代わりにミントとか大葉っていうのは物足りなくって・・・。

で、その後、お茶をしようってことになって、「ura.」というとっても素敵なカフェ風レストランにつれてってもらいました。やや薄暗めの照明の中、大き目のソファーにゆったりと座ると、とってもくつろげるお店です。
そこで、興味をひかれたのが、『グリュイエールとマンゴーの盛り合わせ』。一同、チーズ好きのメンバーだったので、迷わず注文!
これが、かなりいけていました~。
マンゴーの上にグリュイエールのスライスがこんもりと盛られ、上から、くるみを散らし、さらにバルサミコ酢がアクセントにかけられてました。

おいしいハードチーズって、たまにトロピカルフルーツ系の香りがすることがあるので、マンゴーとの組み合わせは、ものすごく納得。
これ、マジでおいしい! 一緒に合わせるなら、トロピカルフルーツの香りのする色濃い目の白ワイン!ですね。(今は飲めないけど・・)


May 03, 2006

ひどい二日酔い・・・

「酒が強い」と人から言われ、本人も「酒好き」を自認している私ですが、年に1回くらい、ひどーい二日酔いになることがあります。

じつはやっちゃいました。昨日・・・。
最初に中目黒の「イル・ルポーネ」っていうイタリアンでピザやパスタやアクアパッツァとビール&白ワインを楽しみ、その後、目黒川沿いの「HUIT」っていうカフェ風のお店で赤ワインを飲み、さらに恵比寿の「BURI」で日本酒をたんさん飲んだら、記憶がなくなりました・・・。

久しぶりの重症で、15時くらいまでぐったりしてたんですが、リハビリを兼ねて井の頭公園まで散歩に行って、お水をたくさん飲んだら、夜には少し元気になってきました。
毎度のことながら、二日酔いはつらいねえ。

May 01, 2006

GWチーズツアー

GWです。さっそく、大好きな長野のたんぽぽ堂に行ってきました。
今回もチーズ仲間と一緒。山羊と羊と牛を見に行こう、というコンセプトでまず清水牧場に行ってから、たんぽぽ堂に一泊して、というコース。

4月29日、8:02発のあずさで松本へ。
新宿から松本まで3時間かかりました。かなり遠いですね~。
駅前に「新宿・松本間 2時間に短縮を!」っていう看板があったけど、地元の方たちの気持ちがよくわかります。

松本駅でレンタカーをして出発。
途中、『峠路』というとことで、名物とうじそばを食べてから、清水牧場へ。
去年のGWにも訪れたのですが、昨年の秋に移転して以来、初めての訪問。
本当のアルパージュ(山に牛などを放牧すること)をするために移転をするという話を聞いたときから、早くたずねてみたいなーと思っていました。
牧場は標高1400メートルのところにありました。
でも、ここはショップと牛舎、羊舎があるだけで、実際の放牧地はもっと上。1500~1800メートルのところに放牧地はまだ雪に埋もれていました。6月くらいにならないと雪は溶けないらしい。

ショップはこんな感じ。

Dscf2232_1


牛はブラウンスイス。

Dscf2221_1

清水牧場では、飲むヨーグルトをご馳走になり、さらにプティニュアージュを食べました。
できたてプティニュアージュはとっても甘くて新鮮でおいしい。リコッタ系のチーズってそのまま食べるのが苦手な私ですが、やっぱり新鮮なものはそのまま食べるのが一番おいしい。
今の時期にしかない『羊のウオッシュ』も買って見ました。

さて、清水牧場を後にして、たんぽぽ堂へ。
2時間ちょっとで移動できました。
たんぽぽ堂は、昨年、初めて訪れて以来、お気に入りの宿。
山羊を飼育して山羊チーズを作りながらペンションをやっています。
春に子山羊が生まれたそうで、かわいくって小さい子たちがたくさんいました♪
それにしても、新しい山羊舎もできていて、どんどん山羊の数が増えているような気がする・・・。

Dscf2257

たんぽぽ堂に行くと、「ここでのんびり暮らしてみたいなー」と思わせる、とってもいい空気が流れています。
もちろん、たんぽぽ堂のおとうさんとおかあさんのキャラクターもあると思うけど、地元の山菜たっぷりの食事をいただいたり、山羊の乳絞りを見たり、山の中で深呼吸してみたり、そんなことがとっても楽しいところ。

今回の旅も楽しかった~。上田の街散策もよかったです。次回はルヴァンの二階でのんびりしてみたい。

« April 2006 | Main | June 2006 »

My Photo

私が担当しているチーズ&ワイン講座 

無料ブログはココログ

ワンコ~愛犬日記