December 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

February 08, 2006

見つかりました。

以前 予約をとったはいいが、いけなくなってしまった超人気のもつ鍋屋さん『蟻月』。
代わりに行ってくれる方を募集していましたが、
無事、見つかりました。
キャンセル電話、かけなくて済む。よかった。

でも、行けなくって残念だあ。

February 07, 2006

引越し願望

今年から来年、再来年までには引越しをすることを決めた。
正直言うと、今住んでいるところににはあと5年くらいしか住んでいられないので、期限切れになる前に他に移らないといけないのです。

借りるか、買うか・・・

考えちゃいますけど、とりあえず見にいこう!っていうことで、2月に入ってから土日はモデルルーム周りにつぶれちゃってます。
けっこう、今、寒いのでタイヘン・・。

でもでも、楽しいのです。

素敵はリビング、ピカピカのキッチン、トイレはタンクインですっきり、、、。


で、いろんな会社のいろんなモデルルームを周って気づいたことがあります。

説明に出てくる担当の方の接客態度がすばらしい!!!
わかりやすい説明、的確なアドバイス、口調も丁寧で、でも丁寧すぎない。

そりゃ、もう何十人、(もしかしたら何百人?)もの人に説明してセールスしているんだからうまいのは当たり前だけど、信頼感が沸くので、好感度アップですよね。

そんななか、すっごい人にあっちゃったんです。
すっごいというのは悪い意味で。

その人は20代くらいの女性の担当者。
最初からいらいらしちゃったのが、話のもっていきかた。
「ペット可」か確認をしたら、
「なに飼っているんですか~」
「私の友人も同じの飼ってますよ~」
「名前はなんていうんですか~」

てな具合で、家とはまったく関係ない話を延々。

思わず、
「すいません、家を見に来たんで、家の説明をしてください」って催促しちゃいました。

その後も、
「では現地の見学に行きます」
っていって、寒い中、5分くらい歩いて現地へ。
てっきりとなりにモデルルームがあるのかと思ったら、ただ建設中の現場を見るだけ。
そして、
「夕日のきれいなスポットをご案内します」
といって、現場周辺をぐるっと一周。

まだ、間取りも値段もなんの説明も聞いていないのに、現場周辺を歩かされ、
戻ってきたときにはすでに一時間近くたっていました。

さらに気になるのが、喋り方。
「こちらがエントランスになるんですけれども~」
とか
「ここは夕日がきれいなんですけれども~」

って言う具合に、「けれども~」「けれども~」
って、どっか悪いところあるんかい!って突っ込みたくなるくらいセールストーク(というか普通の会話も)下手なのです。

やっと元に戻ってきて
「あの、間取りなどはどんなものが・・」

と聞くと、

「ではモデルルームをご案内します」

といって、間取りの説明もなく、いきなりモデルルーム会場に連れて行かれた。

「後ろに予定があるので、あと30分くらいしかいられない」と伝えると、

「そうですか」

というだけで、なぜかモデルルームの玄関の前で、いかにこの玄関扉がすばらしいかという説明を延々と始め、しばらく玄関前で足止め状態。

「玄関扉の木目は横模様になっていて・・・」

そ、そんなことはみればわかるじゃないか!!

でもでも、中に入っていると、内装はそれはそれは素敵。
使いやすくデザインされていて、とってもよい。
金額が折り合えば、決めちゃうかもってくらい。

なので、時間は無いけど一応、価格表と間取り図をもらって帰ろうと思い、
「価格表と間取り図をください」といったら、

「もう一回ゆっくりいらしたらどうですか」

ときた。

あああ、
どうして、こうも相手の気持ちがわからない人なんだろう。
一時間も外を歩いて時間がなくなったのは誰のせいなのだ。

物件はいいけど、扱っている会社の人が不安です。

February 01, 2006

フランスツアー2006

前にも書いたけれど、今年の初チャレンジとして、フランスのチーズ農家を巡る旅を企画しています。


これまで、一人で、もしくは二人で、またはツアーに乗っかって、など、形態はさまざまですが、チーズを求めてフランスのあちこちを旅してきました。
フランス語もろくろく喋れないのに、「行きたい!」「見たい!」っていう気持ちだけで、どんどん行っちゃった感じです。
とくに、ポケットワインサロンで講師をはじめてからは、さらに拍車がかかり、あちこち行って、見聞を深めてきた(つもり)


行くたびに、「こんな楽しい旅、いろんな人を連れてきてあげたいなー」と思いつつも、私一人では企画もできずにいたのですが、昨年の秋、突然、計画ははじまりました。


昨年の10月、パリにチーズの研修を受けに行ったのですが、その空き時間にパリ在住の磯川まどかさんにお会いしました。
チーズやお料理の本を執筆されていて、最近も新刊を出されたばかり。
その磯川さんとは、じつは10年来の知り合いなのです。

久しぶりにお会いして、食事しながら、「そうそう、チーズ農家へ行く旅をやってみたいんですよね」と話すと、
「おもしろそうね、ぜひ、やりましょう」といきなり、話が決まり、今回のチーズツアーの開催となったのでした。

ただ、二人とも、チーズ好き、旅好き、さらに旅慣れてもいるのですが、旅行の計画はほとんど素人。
バスのレンタルの仕方すらよくわからず、さらにフランスから料金の回答がこなくて、料金がなかなか定まらなかったり、人がちゃんと集まるか心配しまくったり、とくに私は、料金も決まらないまま、見切り発車で募集をはじめたので、一時期はバス料金の悪夢を見たり・・・。

帰国中の磯川さんをつかまえて、2回もミーティングをやり、やっとスケジュールが決まりました。
大変だったーーー。

そんなチーズツアーの案内はこちらです。
http://www.pocket-salon.com/daikanyama/cheese/tour2006

明日のお昼でいったん締め切りますが、その後も定員までは募集します。
ぜひ、チーズ好きの方は、一緒に行きませんか?


さて、そのツアーの参加者を集めた『顔合わせの会』を昨日やってきました。
集まってくださった皆さん、当然のごとくチーズ好き、さらにお酒もいける食いしん坊揃いのようです。
準備は大変ですが、ツアー、とっても楽しみになってきました♪

« January 2006 | Main | March 2006 »

My Photo

私が担当しているチーズ&ワイン講座 

無料ブログはココログ

ワンコ~愛犬日記