December 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

September 29, 2005

チーズと夢

記事がおもしろかったので、忘れないように書いときます。

就寝前にチーズを食べると悪夢を見るといわれていることすら知らなかった。
実験するなんて、すごいよね。日本でいえば、お正月の初夢を実験するみたいなもの? ・・あれ、違うかな?

結局、悪夢じゃなくて、熟睡できるっていうオチなんだけど。
チーズのイメージをよくする活動の一環なのかしら?

スティルトンを食べるとばかげた夢を見る。
チェダーを食べると懐かしい子供の頃の夢をみる。
この結果はおもしろーい。

UK today BY JAPAN JOURNALS LTD より
9/14 就寝前にチーズを食べても悪夢は見ない!?

「寝る前にチーズを食べると悪夢を見る」というのは英国では昔からよく言われてきたことだが、このほど行われた実験では、就寝前にチーズを食べても悪夢は見ないどころか、熟睡できる確率のほうが高いという結果が得られたことが伝えられた。

チーズの消費促進を図る団体「the British Cheese Board」がボランティア200人を対象に、1週間に渡ってチーズと悪夢との関連性を調べる実験を実施。被験者には就寝30分前に20グラムのチーズを食べてもらったところ、72%は毎晩よく眠れたとし、就寝中に見た夢を覚えていた67%も悪夢は見なかったと報告していることが分かった。

食べたチーズ別に夢の種類を見てみると、最も馬鹿げた夢を見るのはスティルトン(英国のブルー・チーズ)を食べた後で、男性の75%、女性の85%が鮮明ながらも不可思議な夢を見たとされ、菜食主義のクロコダイルが子供を襲えないと嘆く夢や、兵隊たちが銃ではなく、子猫を使って戦っている夢などがあったとされる。また、チェダー・チーズを食べた約3分の1の人は有名スターの夢、レッド・チェダーを食べた60%は学校時代や子供の頃に戻った、なつかしい夢を見たと報告してきたという。

調査元のチーズ団体では、「古くからの言い伝えには特に根拠がないことが立証できた」と満足げなコメントを発表。

寝る前のチーズと悪夢との関連性がいつ頃から指摘されるようになったかは定かではないものの、チャールズ・ディケンズの小説「クリスマス・キャロル」(1843年)の中ではすでに、亡霊を見た主人公が「寝る前に食べたチーズ」が原因と言及する場面があり、この説の歴史はかなり古いと考えられている。

September 28, 2005

立ち飲み大好き

昨日は立ち飲み店を2件軽くはしごして気分よく帰宅。

私の働いている恵比寿は立ち飲み天国で、ほんと、たくさんの立ち飲みがある。
昨日は、8月末にオープンしたばかりのburiと恵比寿銀座にある有名店「18番」をはしごしました。
じつはburiのFOOD半額券を持っていて、それの有効期限が9月末までなので、駆け込み来店なのである。
「飲む」というよりは「食べる」中心で行ったので、お店の人がびっくりするほどの食べっぷり。
それにあわせて、よい飲みっぷり。

ここの「雲丹クレソン」は絶品で、これが「不老泉」の山廃純米のお燗によく合う。
さらに、ふぐの粕漬けも最高の相性で、「不老泉」、見直しちゃいました。「不老泉」ってお酒だけだと独特の風味が気になるが、食事と合わせると最高の働きをしてくれる。
そういえば、以前、日本酒とチーズセミナーでこのお酒を使ったときも、青かび相手によい働きをしてくれました。

逆に、最初に飲んだ「上喜元」純米吟醸は、料理にあわせるのが難しかった。
「上喜元」は大好きなお酒で、安心のブランドなんだけど、お酒の完成度が高すぎるというか、うまくここのお店の料理とかみ合わない。小料理屋みたいなところだといいんだけど。
鯛の昆布締めを頼んであわせたら、やっとしっくりいきました。

そんな感じでたらふく食べて、飲んで、仕上げに「18番」でシェリー酒と生ハムをいただいて、帰りました。

buriのFOOD半額券、まだ持っているので、明日もご飯を食べに行ってきます♪
それから、なんだかよくわかんないけど、最近、「飲ま飲まイェイ~」、って頭ん中、グルグルしてます。
マイアヒ、流行っていますね・・。

September 26, 2005

トリュフ犬?

今日は一日事務仕事をもくもくとこなしています。
10月に入ったら、チーズのお勉強をかねてフランス&イタリアに行くので、その前に片付けなければいけないことが山積・・。

昨日は4月から続いてきた「チーズプロフェッショナル試験講座」の最終の打ち上げをやりました。
合格された方も、そうでない方も集まってくれて、とてもうれしかったし、楽しかった。
講座が終わってしまうと、なんだか、もう生徒さんたちに会えないのかなーってちょっとさびしい気持ちになっちゃうのですが、昨日も打ち上げが終わって、ちょっとセンチな気分になっちゃいました・・・。

さて、その打ち上げでは、お料理のほかにいろんなチーズをお出ししたのですが、その中にあったのがトリュフ入りのチーズ。とっても高価なのでなかなか手がでないのですが、今回はお祝いの会でもあるので、思い切って買っちゃいました。

自分でも味わおうとちょっと多めに買い、持ち帰ってきたのですが、さっきまでうっかりかばんに入れたままにしてました。

そしたら・・・。

私がキーボードをカタカタ打って仕事をしている間、隣の部屋で遊んでいたひめこが、いろんなものをこっちの部屋に持ってきたり、持って行ったりしているのはわかっていたけど、構うと仕事が中断するので、そのまま放っておきました。

で、ちょっと休憩、とおもって立ち上がり、ふとソファーを見たら、なんと、かじられた跡のある例のトリュフ入りチーズが、ラップを剥がされ、コロンと転がっていました。

ああ・・・、なんてこと・・・・!! それ、100g1800円もするよ・・・。
そういえば、トリュフ狩りって犬も使うらしいってきいた事ある・・・・。


うちの子、トリュフ犬になれるかしら?


September 21, 2005

日本酒テイスティング

今日は友人のやっている日本酒居酒屋の日本酒テイスティング会に参加してきました。
15名も入れば満席になってしまう小さなお店ながら、いつも満員状態。その秘密が数あるイベントで、いろんな蔵元さんを呼んでのお酒の会とか、たのしそうなイベントがいつも企画されている。
私も3月にチーズと日本酒の会をやらせていただきました。

今日は松崎さんという日本酒のオーソリティを囲んでの利き酒会。
今日のテーマは『酒米による違いをききわける』でした。

これが、かなり難しかった~。

まず、5種類のお酒をブラインドできいて、それを当てていくのですが、成績は散々でした~。

その後、松崎先生の話を聞いて、さらに飲んでいくのですが、聞きながらだと、違いがよくわかる!!
ブラインドで飲むって、ほんと難しいですね。

今日の収穫としては、山田錦のふところの深い感じは、チーズとよく合うなあ、と実感したこと。

September 17, 2005

もっとがんばろうよ。

昨日の夜はレストランに食事に行った。
10月にイタリアに行くので、「イタリアンが、食べたいね」ってことで、
イタリアンのお店に行くことにした。

で、どこに行くかで、迷って、
以前、荻窪ですごくよい評判をとっていたNにいくことにした。
東京レストランガイドというグルメサイトがあるのだが、そこで一時期イタリアンで一位をとっていたお店。
荻窪のあと、今は四谷に移転しているらしい。
荻窪時代はリーズナブルな値段とシェフ一人でやっているようなカジュアルさがよかったのだが、今のお店は値段も少々高くなり、スタッフもたくさんいるらしい。

お店に入ると、スタッフの方々の対応もよく、なんだか期待できそう。
・・・とここまではよかったのだが。

食前酒に頼んだベリーニは缶入りカクテルみたいな薄っぺらな味だし(あー、桃を絞ったのが飲みたかった・・)、
前菜のレバームースはレバー濃度がすこく薄くて少々がっかり。
いんげん豆とスペルト小麦のズッペは、スペルト小麦の食感や風味が独特で面白いものの、おいしいとはいえない。
ゴボウとほろほろ鳥のパスタはほろほろ鳥がシーチキンみたいで、ゴボウとの相性もよくなく、これもおいしいとはいえない。
メインの岩手短角牛のタリアータは、炭火で焼いた風味は香ばしいものの、肉にジューシーな旨みがなく、がっかり。
出てくる料理がどれもこれも平均点以下で、こんなにできの悪いお店ははじめて、ってくらいでした。
もう、食べてて、だんだんつらくなって来て、会話も途切れがち・・・。

で、トイレに行ったときに見つけちゃいました。荻窪ではキッチンでがんばっていたシェフが一階のワインカーヴにずっといて、料理作っていないんです。
いえいえ、ちゃんと自分の代わりができる人を育てていれば、そんなことは問題はないでしょう。
でも今日の料理をいただいた感想でいうと、どうみても素人レベルの人が作っているとしか思えない料理の数々。
昔はもっと美味しかったお店なのに、もっとがんばってほしいよ、と悲しくなりました。

N、自分の店の料理を食べて、早く事の重大さに気づいてほしい!!

September 14, 2005

チーズにサムシングプラス

昨日は月例のチーズ1DAYセミナーをやりました。テーマは「チーズのお供を考える」。
つまり、チーズにはちみつやジャム、スパイス、クラッカーなどを組み合わせて、より美味しい食べ方を探そう!という趣旨。
じつは同じテーマで2年前にやったのだが、そのときと変わらず面白かった。
チーズは、それ自体で完成された食品なので、もちろんそのまま食べてもおいしいけれど、何かを加えることで、より自分にしっくりくる味になる。
人によって好みはさまざまだけど、参加者同士で、どういう食べ方が美味しい!っていうのを意見交換して、さらにそれを試してみたり、アイデアは果てしない。
少しだけ紹介すると、脂肪分高めの白カビチーズにクミンとペッパーをあわせたり、ロックフォールに栗の蜂蜜をあわせたり、が私のお気に入り。

それから、去年、フランスのバスク地方に行ったときに買った赤唐辛子のジャム、これが大ヒットでした。
「羊のチーズにあわせるとよい」とラベルに書いてあるとおり、羊乳のチーズによく合ったのは言うまでもないが、クリーミーな白カビチーズにあわせてもよかった。例えて言うと、脂肪分が高くクリーミーで、ふっくら丸顔のめりはりのないような顔が、唐辛子できゅっと小顔に引き締まったような感じ。目鼻立ちが整って、すっきりした美味しさになった。

チーズに何かをプラスしてさらなる「美味しい」を楽しむってとっても面白い。

September 13, 2005

渋谷シノワ

昨日はチーズとパンのセミナーに出た後、同じセミナーに出ていたTさんとお茶のつもりが軽く飲みに行きました。
場所が渋谷だったので、どこにいこうと迷った挙句ワインバーのシノワに行くことにしました。

シノワ、あいかわらず素敵なお店です。
チーズとパンのセミナーで、チーズとパンはたっぷり食べていて、でもアルコールが一切出なかったので、それを補充すべく、グラスワインを2杯いただきました。

最初はブルゴーニュでお願いしたら、フィリップ・ルクレールのジヴレイ・シャンベルタンでした!
大好物なので、とってもうれしい!!!
ピノ・ノワールらしい果実味と力強さ、そしてとビロードのようななめらかさがあり、ブルゴーニュのよさを堪能できるワインでした。ほんと大好き!!!
これに気をよくして、もう一杯!

すこしスパイシーな感じにしようかな、と思い、シラーでお願いしたら、ローヌのサン・ジョセフでした。
シラーってかなり香りや味わいが個性的なので、ぎらぎらした感じのシラーは苦手です。
でも、このシラーはそんな心配のない、フランスらしいシラーでした。まろやかにまとまって、なおかつスパイシー、鹿肉が食べたくなりましたよ。まったく。もしくは、牛肉のステーキでもいい!
食欲を呼び起こすようなワインですね!

ゆっくりワインを飲みながらおしゃべりするのは久しぶりで、とっても楽しい時間でした。
T姉さん、ありがとー。(←同い年なんだけどね)

September 09, 2005

すごい反響のチョコレートセミナー

以前、食材関係の本を出版したときにお世話になったイタリア食材の輸入をやっている知人がチョコレートセミナーを企画していて、連絡をくれた。
こういったセミナーをやるのは初めてなので、どうやって集客したらよいかわからず、ということだったので、
私の知り合いにも案内をすることにした。

だって、すごく興味深い内容なんだもの。ぜったい、何人かは参加するはず、と思って案内したらすごい反響!!!

私に直接申し込んでくれた人だけでも25名近く。
主催者に直接申し込んだ人もいると思うから、たぶん30人以上は申し込みしたんじゃないかな。

すごい!
チーズセミナーだとこんなに反響ないから、
やっぱりチョコレートはすごい!!

内容はこんな感じです★★★

イタリア ドモーリ社
「カカオのソムリエ」ジャンルーカ・フランゾーニ氏のチョコレートレッスン
日時 9月19日(祝) 12:30-14:30 15:00-17:00 (同一内容)
場所 服部栄養専門学校(代々木駅が最寄)
費用 2100円(税込み)
主催 ノンナアンドシディ
内容
①希少品種クリオーロ種カカオの栽培からチョコレート製造まで(ビデオ使用)
②カカオ品種別チョコレートのテイスティングと表現、ブランデーとのマリアージュ
③製菓用クーベルチュール使用のチョコレート菓子の試食 など。

申し込み方法;
名前、FAX番号(もしくは連絡がつく電話番号)、住所を明記の上、ノンナアンドシディ あてにFAX(03-3748-2875 )を送信してください。その際、≪梶田の紹介≫と明記してください。

でも、締め切りが今日までなので、間に合えば、興味のある方、申し込んでくださいませ。
私は15:00の回に行きます。


September 08, 2005

歯医者&シャンプー

今日は愛犬ひめこの初めての歯医者さんの日。
歯科衛生士の方に歯のチェックをしてもらい、はみがき指導をしていただいた。
本を読んでいてはわからないこともたくさんあり、とってもよかった。
ひめこは口の中をさんざんさわられて大変だったみたいだけど。

その後は週末のお出かけに備えて、ひめこの美容院へ。
お店についたら、なぜかウレション。え、そんなにシャンプー、大好きなの?>ひめこさん

September 06, 2005

試験終了 お疲れさま!

今日(といってももう昨日かな)はチーズの二次試験でした。
4月からやってきた講座の最終ゴールが今日なのです。
受験するのは私ではないのに、朝からドキドキ、試験時間が始まればドキドキ、
授業でやった問題ができるとよいなーと祈りながら、時間が過ぎました。

18時からは教室近くのホルモン焼きやさんで打ち上げ。
今年はさらに一般大衆路線っていうか、チーズを身近に考えているか問うような問題で、「ふーん」っていうような問題でした。ブラインドはともかく、そのほかの問題は、二次対策講座で教えるまでも無く、一般常識+一般知識でできそう。へたにいろいろ知っているともしかして悩んじゃったりするかも・・・。
出来はどうなのかな・・・。

結果が出るまで、またまた心配ですが、私は、皆がとにかく精いっぱいがんばっている姿に感動していました。
よい結果を祈っています!

September 04, 2005

悲しき夕食・・・。

今日は仕事が終わった後、商店街のロトで当てた商品券を使って、近所のかなりおいしいお蕎麦屋さんで日本酒を愉しみながら夕食を食べようと思っていた。
ところが、帰宅途中、山手線で人身事故。30分以上、電車に閉じ込められてやっと三鷹駅まで帰れたときには、そのお蕎麦屋さんは閉店時間だった。
お腹はすくし、雨はすごいし、だったので、しょうがなく駅ビルのレストランに行くことにした。

初めて入った駅ビルのレストラン街(といっても4軒のみ)。とりあえず、名前の知れているてんぷらやさんに入ったのですが、ここが最悪でした・・・。

スーパーのてんぷらみたいなじっとりした衣。
茶碗蒸しは卵濃度が異様に薄く、てんつゆはやたら甘くて、いいところなし。

おいしくないものを食べると異様に悲しくなり、でも、お腹はいっぱいになってしまい、さらに悲しい。


September 03, 2005

カンフーハッスル

今日は午後からみっちりお仕事だったのですが、夜にDVDを見る約束を家族としていたので、かなりの疲れモードながらも22時頃から鑑賞。
見たのは「カンフーハッスル」。周星馳は結構好きで、「少林サッカー」は大好き。

で、カンフーハッスルはどうだったかというと、ぐたぐたに疲れているときにはよい映画でした。
内容があるようでないような、いきなり最初からクライマックスのようなカンフーシーンだったりして、なんだか引き込まれて見ちゃいました。
カンフーシーンは見ごたえあるし、ありえねーって感じ満載で、話はだんだんよくわかんない感じでラストシーンなんか、「は?~」って感じでもあるんだけど、
なんだかよくわかんないけど、おもしろかったです。


September 01, 2005

習い事復活

なんだかここ2年くらい放置していた習い事を今月9月から復活することにしました。
今日は久しぶりで、すごくいい刺激を受けました。
なにをやっているかは、成果がでてきたらわかるかも。
というか、成果がでるようにがんばろうっと。

« August 2005 | Main | October 2005 »

My Photo

私が担当しているチーズ&ワイン講座 

無料ブログはココログ

ワンコ~愛犬日記