December 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

March 27, 2005

ボンシュマン

少し日があいてしまいましたが、先週末、3周年のアニヴァーサリーでレストランに食事に行きました。
目黒区になる「ボンシュマン」というお店。噂どおりとっても雰囲気の良いお店で、お料理もよかったです。

場所は祐天寺から徒歩10分くらいと少し遠く、商店街のその先、って感じですが、お店は淡いトーンでまとめられた清潔感のある内装で、「なんか期待できる♪」って感じです。
ほかにいらっしゃったお客さんは年配の方が多く、それもカジュアルな服装なので近所の方のよう。
近くにこんなフレンチがあるとよいですね~。

お料理は
前菜に「若鶏とレンズ豆のサラダ」をオーダー。
鶏モモ、砂肝、ヒップ、温泉卵、鶏づくしの温かいサラダです。ビストロっぽい感じのお料理ですが、温泉卵がソースになっているのがおいしかったです。

次の「ゴボウのスープと天然海老とセリのラヴィオリ」は、スープにラヴィオリが入っているのですが、ゴボウのス-プでないほうがもっとおいしいかも、と思いました。(まあ、普通にはよかったんですけど、あんまり印象に残らない感じでした・・・)
あとで、スープは選択肢のもう一方だった『ガルビュール風ポタージュ イワシのポワレ添え』がいろんなところで絶賛されているのを知り、うう残念・・。
以前、駒沢あたりのフレンチでゴボウのスープを食べたときもイマイチ・・と思ったので、
こういう系統のお料理は、私の好みではないのかも・・。ちょっと後悔です。(まあ、次回リベンジします)

メインは「三重牛のランプステーキ」。
これにワインはサンテミリオンをあわせてみました。
やっぱり良いお肉にボルドーっていいですね!

そうそう、このお店で一番気に入ったサービスは、バターの代わりに出てくる豚肉のリエット。
これを自家製パンにつけて食べるのですが、ふんわりとした食感のリエットがとっても良くあって、連れ(だんなです・・)はパンのおかわりを5回もしてました!

デザートでは、私の頼んだ『ファーブルトンのはちみつアイスクリーム添え』が絶品でした(これはまた食べたい!!!)。もっちりとした歯ごたえの焼き菓子にはちみつ風味たっぷりの冷たいアイスがホントに絶妙~で、ペロリと平らげてしまいました♪

近所にあったらホント通っちゃいたいくらい良いお店。
オススメです。

ボンシュマン東京都目黒区五本木2-40-5 Beat101
TEL 03(3791)3900
営業時間 11:30~14:00(L・O) 18:00~21:30(L・O) 水休
席数 22席 6名までの個室あり

March 16, 2005

アッペンツェラー

お昼に、自宅にあったアッペンツェラーというスイス産のチーズを残ったバゲットのスライスにのせてトースト。

アッペンツェラーほどチースト(チーズトーストのことね)に合うチーズはないって思うほど、大好き。
特に今日のは黒ラベル。熟成6ヶ月以上の上物です!
(アッペンツェラーって、銀ラベル、金ラベル、黒ラベルがあるんです。まるでクレジットカードみたい)

March 09, 2005

白熱の会議&フジVSライブドア

今日は月1定例の職員会議の日。スクールの先生たちが集まって、今後のことを決めたりするのです。

今日は4月からの講座の打合せやその他モロモロについて、白熱の打合せ。
みっちりと時間をかけてあれこれ決めたり、相談したりするので、終わると結構疲れます。
でも、だんだん4月からの講座へのやる気に燃えてきました。がんばるぞーー!

話が変わりますが、最近の新聞&TVはフジVSホリエモンの話題で大盛り上がり。
事の行方には関心あるが、はっきりいってどっちに転んでもいいと思う。
そりゃ、当事者にとっては一大事で大変だけどね。
私が一番気になるのは、ライブドアのやり方がよくない・・という意見はあるものの、ライブドアがニッポン放送を傘下に入れること自体について世論の拒否反応が少ないように思えること。

私は雑誌の編集の仕事をやってきたので、それにたとえていうと、
Aという雑誌を出している出版社が、全然方向性の違う(と思われる)経営者の手に渡ってしまうとする。
そうするとAという雑誌は廃刊になってしまうかもしれない。
そうなるとAの愛読者は困るので、「経営者が変わるのは反対!」という読者の動きがあっていいはず。
でも、今回の件でいうと、ニッポン放送の社員は反対決議をしたらしく、それは既得権を守る意味でも当然そうすると思うが、世論がそれについてとくに反応していないように思えるのだ。

番組の受け手である一般市民とっては、ライブドアが入ることによってニッポン放送(ひいてはフジ)の番組がおもしろくなくなってしまう(現在、おもしろいかは置いといて)ことこそ不利益のはず。
でも、「ニッポン放送の番組がどうなるか」っということより、株の行方ばかりに注目が集まっているところを見ると、バックがどこであろうとあんまり関係ない、ということを自然に理解しているからなのか。

だって、民放なんだから、報道の公共性といっても、スポンサーが一番なワケでしょ。
スポンサーに都合の悪いことは番組で流さないでしょ。
それに、自社に都合の悪いことは積極性に報道しないでしょ。
ライブドアとの件も、最初フジではニュースでも触れずにいたりして、これって公共性に欠けるのでは?と思いましたよ。
それは新聞も同じこと。サンケイ新聞ではホリエモンのスキャンダル探しにやっきになっているとか。TVや新聞を自社グループの世論操作の武器にしているワケで、それで報道の公共性を語るのは、とっても違和感を感じるのです。

だから結局どこが経営権を持っても同じことだと思う。TV局はフジ以外にもあるんだから、番組がおもしろくなければ見なければいいんだし。
それにニッポン放送については、ほとんど聞かないから関心ありません。

でも、双方の攻防戦はとってもおもしろいね。


March 04, 2005

毎月のチーズの会

恵比寿のチーズ教室で、毎月チーズの会を開いています。

3月の案内をWEBページに掲載したのですが、これまでの開催記録ものせておこうかな、という軽い気持ちでやりはじめたら結構たいへん。
昔の案内を探して、それを新規ページにコピーして、体裁をととのえて、アップして、それがなぜかうまくいかないものもあって、何度もやり直して、を繰り返していたらもう午前3時!! やばっ。

一箇所リンクがうまくいかないけど、何度やり直しても理由がわからないのでとりあえずあきらめる(涙)

これまでの会を見返してみると、結構がんばってきたんだなあ、とちょっとうれしい。
最初が2001年で、このころは毎月ではなかったんだけど、2003年くらいからはなんとか毎月ペースでやれている。
忙しくってシビアなときもあるけど、続けることになにか意義あるような気もするし、なにより私自身が楽しいので、長く続けられるようにがんばろう!と誓った。

いったいどんなページ?と関心を持っていただいた方は↓を見てくださいませ。
http://www.pocket-salon.com/daikanyama/cheese/cheese012.html

March 03, 2005

ワンコとの生活

ワンコが来てから早6日。

すっかり可愛さにまいっています。
でも、人間でいうと3歳くらいなので、トイレもちゃんとできないし、ケージに入れるとキュンキュン鳴くし、育てるのはけっこう大変です。ちゃんと意思疎通ができるようになりたいなあ。

ダンナさんは、もうメロメロで、キスの嵐にぞっこんになっている様子。

« February 2005 | Main | April 2005 »

My Photo

私が担当しているチーズ&ワイン講座 

無料ブログはココログ

ワンコ~愛犬日記