December 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« June 2004 | Main | August 2004 »

July 2004

July 29, 2004

一次試験が終わりました。

25日にチーズの一次試験が終わりました。

結果はどうかはまだわかりませんが、25日は終了後、みんなで打ち上げの飲み会。
試験問題は去年などに比べるとまともだったようですが、みんな合格できるように、祈っています。
結果がでるまでのこの時期が、いやだよね。

さて、今日は、電話で石川さゆりさんとお話をしました。
もちろん、天城越えの石川さゆりさんです。
聞き覚えのある声で、やさしい方で、ほっとしました。
もちろん仕事です。


July 20, 2004

上喜元で上機嫌

なんて、安直なタイトルだろうって、一人でウケました・・(スイマセン)。

上喜元というのは、山形の日本酒なのですが、先週の土曜日に、毎月参加しているM酒店の日本酒の会で、上喜元の蔵元さんと一緒に、いろんな上喜元を飲みました。
米の違いや、造りの違いで比較できるように、10種類もの酒を持ってきてくださった蔵元さんはエライです。

山田錦と雄町でこんなに味がかわるとは。
はっきり認識できました。

山形プランドの出羽燦燦の特徴もつかめた感じ。

9号酵母と10号酵母の違いも納得で、すご~く勉強になりつつ、どれもこれも特徴があって、おいしかった。

で、私が一番好きだったのは、純米吟醸の山廃で山田錦のもの。
オールマイティに食事に合いそう♪

持参したミモレット18ヶ月とゴーダ1年熟成も好評でよかったです。

おいしいお酒を飲むと、二次会以降に炸裂するのが、この会のメンバーたちで、蔵元さんを交えて「戎」で二次会をした後、カラオケ大会に突入。10人でえんえん歌いまくりました。


July 14, 2004

トスカーナのチーズ

昨日はトスカーナ料理とチーズの会に参加しました。

トスカーナというと、20代半ばのころに、リュックしょってバックパッカーな一人旅をしたなあ、フィレンツェの丘の上にある貴族の館を改装したというユースホステルに泊まり、一面のひまわり畑の中を電車で走った、あの暑かった夏の日を思い出します。

まだチーズのこともよく知らなくって、バケツに入って売られていたモッツァレラにいたく感激したり、というのがチーズに関する記憶で、あとは初めて体験するフィレンツェの町並みとか人々とか、そんないろんなことに感激して刺激を受けた旅でした。
なんにも知らなかった私がそれなりに積み重なって今にいたっているというのも面白い、知らないことはとてつもなくたくさんあるけど、経験はなんでもするものですね。

やれるときにやれるだけのことをするのが一番だなあと思います。

昨日の会は、フィレンツェの北、ムジェーロというところでチーズつくりをしている人を招いての食事会。
料理はすべてトスカーナ料理で、圧巻は沖縄のやんばる豚のローストでした。
丸ごと焼かれたところでお店の人が持ってきてくれて、いきなり人が殺到してフラッシュの嵐。ヨン様ならぬヤン様(やんばる豚なので)旋風という感じでした。

これはぱりぱりに焼けた皮が美味しかった。

チーズは、ペコリーノチーズの熟成4段階食べ比べ。
2段階目の4ヶ月熟成にイチジクジャムをつけて食べるのが一番のお気に入りになりました。
適度なフレッシュ感と旨みのあるチーズにイチジクジャムが絶妙に相性よく、いくらでも食べられそうな組み合わせです。3ヶ月熟成のものだと、旨みの度合いが若すぎて、ちょっと物足りなかった。

ペコリーノ・トスカーノってじつはあまり馴染みの無いチーズでしたが、いろんなことを体感すると、一気に身近になり、また世界がひろがった気分になった一夜でした。


July 09, 2004

世界の中心で・・・

「世界の中心で、愛を叫ぶ」がドラマ化された。
本も映画も大ヒットだかどうしても手が伸びなかった。
なぜって、私自身、そんな経験があるからだ。
当時付き合っていた人と、昔付き合っていた人、二回も。
まだそんなに人生経験が長いわけではないのに。

ただ、両方ともあまりにも急だったことがあり、「世界の・・」みたいに病気でじわじわとは違うと思う。でも、映画もドラマも主人公はとっても引きずっている設定みたいで、それが気になって観なかった。
だって物語としてはいいけど、ホントにそんな気持ち、引きずっては生きてはいけない。
たくさんの涙と絶望にも似た喪失感。自分自身の感情をそのままにしていたら、ほんと辛くてどうしようもない。
時間が苦しみや悲しみを和らげる、今となってはそうとしかいえない。あえて、考えない、考えないでいいように人間関係も変化した。

大切なものを、大切な友人を失った喪失感はいつまでたっても癒えないけど、いまだって、ポッカリ心に穴があいたような気がするけど、でも、その後の時間のなかでそれだけでない自分があるはず。
そう思って生きていきたい。

July 08, 2004

愛群

先日、中華街にまた打ち合わせに行き、帰りに愛群でランチをしました。牛バラ丼(680円だったかな?)を食べたけど、これがなんともうまい。ここの牛バラ煮込みは有名だけど、それだけのものはあると納得。

さらに下見をかねて、某店の名物「フカヒレにくまん」を試食。
しかし、これはたいしたことなかった。
フカヒレが実感できぬ食感と味わいに、ただの肉まんと感じてしまう。

その後、またまた下見をかねて、中華大世界を視察。
京劇を見る。舞台が小さく、迫力には欠けるけど、絵的にはおもしろいかも。
しかし、平日の昼間ということもありガラスキ。大丈夫なのか?!

July 02, 2004

よい天気

今日はとても晴れててよい天気。

もう、夏なの?!勢いだが、まだ、梅雨のさなかだったような・・。
先日、中華街に打ち合わせに行ったときには、嵐のような雨降りで、あとで聞くと新幹線も止まったとか。

この激しい天候の移り変わり、なかなかついていけません・・。

« June 2004 | Main | August 2004 »

My Photo

私が担当しているチーズ&ワイン講座 

無料ブログはココログ

ワンコ~愛犬日記