December 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« March 2004 | Main | May 2004 »

April 2004

April 29, 2004

横浜中華街

昨日、中華街に行った。遊びに行ったのではなくって、仕事の打ち合わせ。
中華街の本を作るのだ。

しかし・・・。

なんと、打ち合わせはあさってだったのだ。


がんばって行ったのに・・・。


なんということ・・。

でも、実は遅刻していたので、救われた。

あまりに悲しくって、近くにあった謝甜記でランチをしました。
昔、どうしても食べたくて、でもいつも混んでて入れないから、横浜に泊まって開店と同時に食べた経験あり。←早起きすれば泊まんなくてもいいのにね。まったく。
初オーダーの揚げ餃子はにんにくがしっかりきいていた。

では、30日に再チャレンジだぞ、中華街。

今日はこれから、長野の、アトリエ・ド・フロマージュに、ポケットの生徒達と行っていま~す。

April 27, 2004

肌あれ、大敵

二、三日前から、なんか調子が悪い。
お肌もガサガサ。とっても乾燥している感じ。

肌の調子が悪いと、気分まで滅入ってくる。

つるつるお肌になりたい。

April 22, 2004

甘口ワインとチーズの会

今日は毎月恒例のチーズの1DAYセミナーでした。
テーマは「スパークリングワインと甘口ワインにあうチーズを考える」というマリアージュがテーマ。

実際に2種のスパークリングと5種のチーズ、3種の甘口ワインに5種のチーズと組み合わせ。
参加者のフリートーキングスタイルは好評で、いろんな意見がでて、ほんと面白い!
好みはバラバラ。これとこれは定石といいつつ、カジュアルなラインナップだと、合うものも合わないものもあることを実感しました。

甘口ワインは好評のようだったので、いろんなラインナップで第二弾をやってみようと思います。

参加していただいた方、どうもありがとうございます。
今日は二次会で代官山のタブローズでちょっと飲んできました♪

April 21, 2004

おかま掘られた!?

ちょっと数日前の話になるけど、タクシーに乗ったら、後ろの車がドスンとぶつかった。
爆弾でも撃ったのかという大きな音で、びっくりした。

タクシーの運転手さんは大慌て。「後ろの車がぶつかりました。これから警察にいったり、なんだりしなくてはいけないので、急いでいるのなら降りたほうがよい」ということで、車を降りることにしました。

あたふたと、でも的確な対応で、私の連絡先を聞き、タクシー会社の連絡先も教えてくれました。
ふと、どっちが悪い事故なのだろうと思って、
「どっちがぶつかったのですか」と聞いたら、

「後ろの車です。おかま、ですよ」

との答え。

え、おかま・・・!!


それって、後ろから「おかま掘られた」ってこと!?

この緊迫した状況に、なんという表現。
きっと、私、目が点になってたことでしょう。
なんか、妙におかしくって、不思議な気分になりました。

いまのところ、体調に大きな問題はなし。ムチウチも大丈夫みたい、というか、それも感じないほど、もともと肩こり、血流悪し、なので、体調は、以前と変わらず、よくはない。
朝は、ちっとも起きられない。くすん。

April 20, 2004

いまだに時差ぼけか?

3月にフランスに行って帰ってきて以来、だいたい寝るのが4時頃に。
なんやかんややっているとそんな時間になってしまうのだ。

夜になるとやたらに頭が冴えるというか・・。

昼間はぼーっとしがちというか。


まさか、いまだに時差ぼけ?


もう一回フランスに行くべきか。

April 18, 2004

冬ソナ

忙しくしていたら、ついつい日記を書くのを忘れていた。
本格的に講座がはじまって大いそがし。
土曜日は休みだけれど、金曜日から火曜日まで授業が入っていて、自由になるのは水曜日と木曜日。
通信講座の準備も結構大変だし、やりがいはあるが、時間的拘束が長く、その結果、部屋は散らかり、食事は外食・・・。

でも、そういう状況でもきちんとやる人は、部屋もきれいで、料理もして、なんだろうね。
気持ちよく生活できるのが一番なので、完璧にすることはないが(きっと私にはそんなことできないのだろうけど)。

たのしく暮らせるのが、いいよねっ。

今日は冬のソナタの再放送を見ました。
チュンサンがミニョンとなって、ユジンと出会ってしまうところ。
ストーリーは知っているけど、見入ってしまった。
なにがそんなにそそるのか。
でも、ユジンってきれい。
私は、ミニョンさんにはそんなに魅力は感じないけど。
あとは、マフラーの巻き方がよい!
ミニョンさんの二色使いのマフラー、よいね。
茶のコートと白のセーターに合わせて、茶と白の二色使い。
とても素敵に見えます。

真似してみよう。

April 11, 2004

神田きくかわのうな重

今日は久しぶりのOFFなのでお出かけ♪
お昼を神田のきくかわで食べることにしました。

このお店、あこがれていたんです。かなり。
というもの、週刊文春のグルメページに、ここのうな重の写真が載っていたことがあって、その見事なことって!!
お重からうなぎがはみ出すというか、はしっこが折り曲がっていて、うなぎの大きいことっていったら、もう。
雑誌のページを破り、しばらく冷蔵庫に貼り付けていたほど。

その念願の「神田きくかわ」に行ってきました。
お店は老舗っぽく、狭いながらも風格のある佇まい。
満席のようでしたが、すぐに入れました。

さっそく注文。

しばらくして出てきたのは、例の写真のとおりの、ビックなうなぎの載ったうな重!
こんなでかいうなぎ、初めて! と少々興奮しつつ、箸をはこぶ。

うん、おいしい。

たれも江戸前にしては、甘さがマイルドでちょうどいい味。
うなぎってこんな味だったのね。たれが控えめなので、うなぎの味がよくわかる。
泥くさい風味が強めで、アクセントになっている。
そして、うなぎがとってもやわらかい。

あれ、やわらかすぎるかな・・。


もうちょっと、ぷりぷりしているほうが好みかな。


私、名古屋周辺の出身だからかも。少し、焦げたような風味があって、皮のカリカリした食感も味わえる名古屋風のうなぎのほうが基本的に好みだ。
やわらかすぎる食感って、少々物足りない。

しかし、うなぎはでかい。
食べきれない。
一部をダンナにあげた。
量的にはかなり満足。


うなぎってかなりこってりしているので、途中でビールが飲みたくなって注文。

出て来たのが、アサヒのプレニアムなんとか、っていう初めて見るビール。

ラベルの雰囲気からして高級そうな感じ。で、これがうまかった。
ダンナがいうには「エビスビールを辛くした感じ」。
味がしっかりしていて、ふくよかで、うなぎにぴったりなのだ。
その時点で、私のお店に対する信頼度は急速に高まった。


「ちゃんと、考えているのね♪」


もしかしたら、アサヒビールの営業さんが強く勧めたのかもしれない。
でも、最終的にお店で出すことを決めるのはお店だもの。
ここで、スーパードライや発泡酒が出てきたら、悲しい限りだもんね。
ということで、ビールがとってもおいしく、お店の評価もUPして、うな重もおいしくいただけました。
総合すると私的には★★かな。(★★★が満点とすると)

ビールが好印象でした。

うな重(ロ)3100円なり。

April 09, 2004

気持ちが引き締まった日

仕事の取引先に、一喝された。
「早めに打ち合わせしたのに、まだなの」

そうです、私が怠けていたんです。でも、そんなこと口がさけてもいえない。
いけない、ちゃんと仕事はやらなければ。
納期の一歩前が大切。
それが信用の糧になる。
一度傷ついた信用は、取り返すのに100倍もの労力がかかるもの。

忘れがちだけど、一番大切。

火曜日に打ち合わせをする。そのときに、よくやってくれたねと言ってもらえるよう、がんばろう!!

April 07, 2004

ムートンを飲みました。

今日はチーズのクラスが終わった後、ワインスクールへ。
ひょんなことから、そのワインスクールに通うことになったのだ。
98年にワインアドヴァイザーを取ってから、3つめのスクールになる。

そこで出てきたワインは結構(というかとっても)すごかった。
ボルドーがテーマなのだが、CHムートンの1979年やムートンの白であるエール・ダルジャンなど。
エール・ダルジャンは力強くでおいしかった。

ムートンはよくこなれていて、余韻は長く、「う~~ん」とため息が出るおいしさ。
比較的若めのムートンしか飲んだことがなくって、「ムートンっていまいちタンニンがこなれないな・・」と思ったりしたこともあるのだが、単にそれって若かっただけ。25年もの熟成を経るとこんなにふくよかで味わいのあるワインになるのね。

ワインっておいしい、って思わせてくれるワインだ。

April 04, 2004

占いって深い・・・。

今日(正確には4月3日)は私が幹事を務める代々木公園チーズとワインの会、恒例の花見でした。
100名近くの人が思い思いのおつまみとワインを持って集まり、青空の下、飲み、語らう会。
毎度ながらたくさんの人に驚き、続けてきてよかったなあ、と思います。
1997年からなので、今年で8年めに突入です。

さて、その会で出会ったのがYさん。
普通の企業に勤めるサラリーマンなのですが、彼は手相を含む占いの勉強を20年近くもしていて、すでに100人以上の人を見ているという強者。
柔和な表情でおとなしそう、一見、目立たない印象ですが、占いができると聞き、やはり周りには女性が集まります。
二次会の席で私も見てもらいました。
「○才で結婚します」といわれ、その年に結婚していて、びっくり。
さらに47~52才くらいで、さらに運気がよくなるらしい、とのこと。
習い事はいろいろやって身に付けるとよい、とか。うん。フランス語に生け花、などがんばろう。

で、二次会のあとも、話し足りない数人とYさんでジョナサンへ。
いろんな話題がでたが、無料で鑑定をする理由を聞くと、
「見てあげることで、感謝されたりして、それが自分に返ってくる。逆にこちらがお礼を言いたいくらい」との答え。

そうなのか・・・。

良いことをするとそれが自分に返ってくる。
さらに「それをなるべくなら口に出さないこと」が大切らしい。

例えば、黒柳徹子さんは多額の寄付をしているが、それを公言しているために運を逃しているらしい。
寄付をしてもそれを言わない、というのが大切だ。たしかに、公言することによって自分の虚栄心も知らずと満たしているのかもしれない。

あと、人の悪いところは10割そのまま言わず、2割くらいにして言えばよい、(ゼロにしてはいけない)とか
良いところはオーバーに誉めてあげるとか、ほんと人の心って、言葉の使い方ひとつでよくも悪くもなるもんだと、感心した。

あることを伝えたくても、その言葉が伝わらなくては意味がない。
そのままを伝えるより、少し湾曲したほうが耳を傾けてもらえることもある。

Yさんは

「占いのデータは全体の話の2割もない」

と言っていた。占いの結果をいかに相手に受け入れられるように話し、伝えるか、それが残りの8割だという。

これは、人として、いろんな人に囲まれて生きていく上でも当てはまることで、とても大切なことだ。
周りとよい関係を保つには、ちょっとした気遣いが必要で、それは最終的には自分がよりよい状態でいるための必須条件なのだ。

April 02, 2004

あれ、風邪気味?

なんだか朝から体調がすっきりしないなあ、と思っていたら、夜になってくしゃみの連発。鼻もぐすぐす。

もしかして、風邪? あれれ、先週引いてて治ったと思ったらまた復活??

困ったものです。

明日から、お仕事も本格的に始まって、50人もの生徒さんを相手にしなくてはいけないのに・・。
早く治さなきゃ。

April 01, 2004

ネットオークション

最近、ネットオークションにはまっています。
今狙っているのは自転車!

昨年の春以来、失われている自転車をなんとか安価で取り戻したいのです。
あと、とってもかわいいコーチのバックがあって、それも狙っています。
で、あとはなんとなくヴィトンのエピ(黄)の財布もおとしてしまった。
ちゃんと使える財布あるのにね。画面見てて、定価より安いつい手が伸びてしまう。
魔力だなあ~。

« March 2004 | Main | May 2004 »

My Photo

私が担当しているチーズ&ワイン講座 

無料ブログはココログ

ワンコ~愛犬日記